年賀状は印刷を活用して綺麗に仕上げる

現在は年賀状は手書きよりも印刷する方が多くなっています。方法としては、インクジェット用の年賀はがきを購入して、自宅のパソコンで作成・プリントする方法と、専門の会社のサービスを利用する方法があります。
自宅用の年賀状作成ツールとしては、パソコン用のフリー素材を使ってデザインできるソフトや、パソコンがなくても写真付きのものが簡単に作成できる専用機器も登場し、パソコンや周辺機器がなくてもデザイン性が高く、見栄えのするものを誰でも簡単にプリントできるようになりました。手順通りに操作すれば良いので、特別な技術やセンスがなくても気軽に作成できるので、絵や字が苦手な方でも納得のいく仕上がりにすることができます。写真も自宅で綺麗にプリントできます。
毎年10月くらいになると、スーパーや写真スタジオの店頭のポスターや広告、インターネットの印刷会社のホームページで、年賀状印刷注文受け付け開始の案内をよく目にするようになります。様々な会社が窓口となっているので、業者間の競争は激しくなっていると言われています。各業者では、多くの注文を得るために、注目を集めるような個性的なデザインや、早期注文割引などの特典を設けて、多くの方に自社のサービスを選んでもらうための努力が行われます。
デザインの面では、書道家やイラストレーター、クラフト作家などの作品をモチーフとした特別感のあるデザインのものが増え、より洗練された、バラエティに富んだデザインから選ぶことができます。価格の面では、特別な仕様や金色などの特殊なカラーを使用しているデザインについてはどうしても価格が高くなりがちですが、カラフルなものだけではなく、2色刷りなどの価格を抑えたデザインも取り扱うことで、多くの方が予算や好みに合わせて選ぶことができるような工夫をしています。
業者に依頼する場合は、その業者オリジナルのデザインや、特典に注目して、他社のデザインや価格と比較しながら選ぶことが必要です。最近はインターネット注文・宅配サービスも充実しています。インターネット注文のメリットは、自宅で注文できることと、受け取りも自宅でできること、何よりスピーディーな対応が期待できることです。注文から仕上がりまでかかる時間の短縮も進んでいるので、注文を忘れていた場合も安心して利用できます。デザインや価格、サービスの多様化で、個人のニーズに合った業者を選ぶための選択肢が増えていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*